Windows10で設定画面を開く5つの方法

以前は、エクスプローラーを開く10個の方法を紹介しました。

関連記事

何かと使うことが多いエクスプローラーですが、起動する方法は色々あります。 お気に入りの方法を見つけて、エクスプローラーをササッと開きましょう。 エクスプローラーを開く方法 スタートメニューから開く […]

今回は、設定画面を開く5つの方法を紹介します。

設定画面は、色々な時に開くことになるので、さっと開けるようにお好みの開き方を見つけてください。

Windows10で設定画面を開く方法

ショートカットキーで開く

一番簡単なのが、ショートカットキーで設定画面を開くことです。
ショートカットキーで[Win] + [I]を押すと、設定画面が開きます。

ただし、ショートカットキーを覚えておく必要があるのが、ダメなところです。

Win + I

スタートメニューの右クリックから開く

スタートボタンを右クリックし、表示されるメニューから【設定】をクリックすることで、設定画面が表示されます。

スタートメニューの左クリックから開く

スタートメニューをクリックし、歯車マークを押すことで、設定画面が表示されます。

歯車にマウスを持っていくと、歯車の横に「設定」というラベルが表示されます。

結局、スタートメニューは右クリックからでも左クリックからでも設定画面を開くことがでます。

タスクバーの検索ボックスから開く

タスクバーの検索ボックスに「設定」と入力すると、設定アプリが検索されます。

そのまま、Enterキーを押すか、設定アプリをクリックすると、設定画面が表示されます。

アクションセンターから開く

タスクバーの一番右の吹き出しをクリックし、アクションセンターを開きます。

下のタイルの【すべての設定】をクリックすると、設定画面が開きます。

 

「すべての設定」が表示されていないときは、【展開】をクリックすると、すべての項目が見えるようになります。

 

「ファイル名を指定して実行」から開く

これを使うには、覚えることが多いので、あまり使うことはないと思いますが、power shellやコマンドプロンプトを使う人は覚えておいて損はないかもしれないです。

まず、[Win]+[R]を押して、「ファイル名を指定して実行」画面を開きます。

そこで、「ms-settings:all」と入力して【OK】をクリックすることで、設定画面が開きます。

また、「ファイル名を指定して実行」以外にも、エクスプローラーにアドレスに入力してEnterキーを押すと設定画面を開くことができます。

また、コマンドプロンプトやPower Shellで「start ms-settings:all」と入力することで設定画面を開くことができます。

 

最新情報をチェックしよう!