Windows10でデスクトップを一瞬で表示する5つの方法

はじめに

Windowsを使っていると、デスクトップを表示したくなる時があります。

Windows10で、たくさんのウィンドウを開いていてもデスクトップを一発で表示する方法を紹介します。

デスクトップ上のアイコンからアプリを起動したい場合やファイルを開きたい場合などに役立ちます。

ただし、タブレットモードではデスクトップを開くことはできません。

デスクトップを表示する方法

ショートカットキーでデスクトップを表示する

Windowsキー+Dを押す

+ D

Win + Dキーを押すと、すべてのウィンドウが最小化されてデスクトップが表示されます。
もう一度、Win + Dキーを押すと、最小化されていたウィンドウが元の状態に戻ります。

 

Windowsキー+Mを押す

+ M

Win + Dキーの方が有名な気がしますが、Win + Mキーを押しても、ウィンドウがすべて最小化されてデスクトップが表示されます。

最小化したウィンドウを元の状態に戻すには、Win + Shift + Mキーを押します。

+ Shift + M

デスクトップの表示と表示を元に戻すキーが異なるので、注意が必要です。

 

マウス操作でデスクトップを表示する

タスクバーの右端をクリックする

タスクバーの右下の1本線が入っている右側のエリアをクリックすると、すべてのウィンドウが最小化されてデスクトップが表示されます。

もう一度、クリックすると、最小化されていたウィンドウが元の状態に戻ります。

タスクバーの何もないところを右クリックして 【デスクトップを表示】をクリックする

タスクバーのアイコンなど何もないところを右クリックします。

表示されるメニューの中から【デスクトップを表示】をクリックすると、デスクトップが表示されます。

表示を元にもどすには、同じようにタスクバーの何もないところを右クリックします。

先ほど、「デスクトップを表示」が表示されていた項目が「開いているウィンドウを表示」に変わっているので、クリックします。

デスクトップをプレビューする方法

デスクトップの操作はしない、ただ見たいだけというときには、操作中だけデスクトップを表示する方法があります。
デスクトップを操作することができず、見るだけです。
この機能をデスクトップのプレビューといいます。

ここで紹介する方法では、操作中だけデスクトップが表示され、操作を止めると元の表示に戻ります。

タスクバーの右端にマウスを乗せる

タスクバーの右下の1本線が入っている右側のエリアにマウスカーソルを移動させて停止させると、デスクトップのプレビュー表示されます。

この右側のエリアからマウスカーソルが外れると、元のウィンドウが表示されます。

 

Windowsキー+,を押して、,キーだけ離す

+ ,

Win + ,キーを押して、,キーだけを離すと、デスクトップが表示されます。

Winキーを離すと、元のウィンドウが表示されます。

 

最新情報をチェックしよう!