[Windows10]初心者におすすめする基本の10個のショートカットキー

PCの操作を楽にしたいときやマウスを使う操作を簡単にしたいとき、ショートカットキーを使うことで、素早く手軽にPCの操作ができるようになります。

ショートカットキーは使い始めてもすぐ忘れてしまい、使わなくなってしまうことが多いです。

  • まずはひとつずつ自分に便利だと思ったショートカットキーを覚えていく
  • あえて一度にいろいろなショートカットキーを使い始めて、その中でよく使うものが記憶に残る

などの方法で自分に必要なショートカットキーを覚えていけば、PCの操作もスピードアップしていきます。

ここでは、Windows10の便利なショートカットキーを紹介します。

ショートカットキーの基本

ショートカットキーとは、マウス操作の代わりに色々なキーの組み合わせを押して、マウスと同じ操作を行える機能です。

主に使うキー

主に使うキーは、

Shift… Shift(シフト)キー
Ctrl… Control(コントロール)キー
Alt… Alt(オルト)キー
Win… Windows(ウィンドウズ)キー

で、これらといろいろなキーを組み合わせて使います。

Windowsキーは、のマークのキーです。

 

アプリケーション共通

基本的にどんなアプリでも使えるショートカットキーです。

編集系

テキストのコピーや貼り付け、選択などの編集系のショートカットキーを紹介します。

選択している文字やデータをコピー

Ctrl + C

貼り付けと合わせて、ショートカットキーの基本です。
選択した文字やデータをクリップボードにコピーします。
クリップボード」とは、文字やデータをコピーしてから貼り付けするまでの間、保存しておくための場所です。

コピーした文字やデータの貼り付け

Ctrl + V

コピーした文字やデータを張り付けます。

Ctrl + Shift + V

書式なしでコピーした文字だけを張り付けます。
文字の大きさや色が書式です。
文字だけを張り付けたいのに書式もコピーされてイラっとすることがありますが、そんなときはCtrl + Shift + Vを使えば解決です。
文字だけをそのまま張り付けることができます。

また、GMailやWordPressでCtrl + Vで張り付けると、勝手に半角スペースが入りますが、そんな場合もCtrl + Shift + Vを使えば半角スペースは入りません。

このショートカットはかなり便利です。

選択している文字やデータの切り取り

Ctrl + X

切り取りは、選択している文字やデータをクリップボードにコピーして、選択中の文字やデータを削除します。
文字やデータを移動したいときに使います。消えた文字やデータは、クリップボードに入っているので、貼り付けをしたら、移動できます。

貼り付け前にコピーや切り取りをするとクリップボードが書き換えられて消えてしまうので注意が必要です。

データや文字をすべて選択する

Ctrl + A

すべての項目を選択状態にします。

エクスプローラーだと、表示しているファイル・フォルダーを 全て選択状態にします。
他のアプリだと表示しているものを全部選択状態にします。

全て選択した後は、コピーしたり削除したりいろいろできます。

移動系

画面の移動や、カーソルキーの移動など移動系のショートカットキーを紹介します。

前に戻る・先に進む

Alt +

エクスプローラーで以前表示していたフォルダーに戻ったり、IEなどのブラウザで前に表示していたページに戻ったりできます。
Alt+←を押すたびにどんどんさかのぼれます。

Alt +

Alt+←で戻った後、元の表示に戻るにはAlt+→で先に進めます。

Windows10用

新しいエクスプローラーを開く

Win + E

新しいエクスプローラーを開きます

Ctrl + N

これは、元々新規作成のショートカットキーなんですが、エクスプローラーを操作している最中にCtrl  + Nを押すと、今開いているフォルダーと同じフォルダーを開いた状態で新しいエクスプローラーが開きます。
Win + Eだと、デスクトップが開いた状態でエクスプローラーが表示されます。
ファイルの移動とかで今いるフォルダーを開いたエクスプローラーを開きたいときに便利です。

一瞬でデスクトップを表示する

Win + D

全てのウィンドウが最小化されて、デスクトップが表示されます。

もう一度、Win + D を押すと、元の状態に戻ります。

これを覚えておくと、デスクトップのショートカットキーをクリックするときなどに、ひとつひとつのアプリを最小化せずに済むのでとても便利ですよ。

最新情報をチェックしよう!